たくさんの松田ウキ!その中でも今最も使用されているのは!!

≪松田ウキ人気ベスト10≫

今現在、松田ウキは大きく分けると全部で5種類になります。

最も最高峰クラスの松山シリーズから新たに加わった松山ピエルスペシャル、松山ピエルブルー、松山匠。そして松山NEXT。

一番コストパフォーマンスに優れた松五郎シリーズ

唯一素材に松を使用している松三郎Ⅱシリーズ

発売から大人気の松飛・松飛別作シリーズ

そして今年新たに登場した最重量の松遠シリーズ 

 

そこで今現在、松田ウキで一番人気が高いウキを今年もベスト10にしてお伝え致します!!

まだ使った事が無い方、迷っている方がおられましたら参考のひとつにして頂けたらと思います。


【松田ウキ人気 第1位】

松遠 sho-en

 

なんと!今年発売してまだ数か月という新作ウキ『松遠 sho-en』がいきなりのNo,1に選ばれました!

このウキの特性は何と言っても超遠投可能ウキ

今までの松田ウキの感度重視性能よりも釣り人が「こんな松田ウキが欲しい」を叶えた松田ウキ最大寸・最重量ウキとなっています。松田ウキの平均自重はだいたい6~8gですが松遠に関しては10~13gと飛びぬけて重たい。遠投に特化した設計ではありますが松田ウキの感度・馴染みバランスはしっかりと計算されており、今の時代の釣りには大変おすすめできるウキです。発売前から注文数が想像以上にあり発売後も止まること無くいきなりNo,1に輝きました。弊社も正直、本当に驚きです。

 

【第2位】

松飛別作スペシャル

 

発売当初からダントツの5年連続人気No,1だった『松飛別作スペシャル』1位のウキと本当に僅差で今年はNo,2となりました。このウキの特性は「グレとチヌどちらもいける」ベストサイズ。松飛シリーズでは一番小さいサイズですが、コスト面とウキの性能面を考えると本当に使い勝手の良いウキとして人気健在です。ある程度の自重、サイズ、ステルス性能、内部構造、すべての持ち味を考えるとこのウキの人気は今年も衰える事は無いでしょう。

 

【第3位】

松山NEXT (緑)

 

松田ウキ最高峰、松山シリーズから堂々の3位を獲得『松山NEXT』特に人気が高いのはチヌにも対応可能な新色「グリーン」

このウキの特性は新製法「研磨仕上げ」です。

もともとウキは塗装をしない方がより潮に馴染みやすいのですが、その馴染みやすさを最大限近づけたのがこの製法です。手作業で仕上げに細かな研磨痕をつけることにより松田ウキの中で断トツの馴染みの速さを実現しています。元祖松山よりもサイズを一回り大きくし、馴染みをより追求した次世代型「松山」

松山シリーズの中では文句なしの人気NO,1です。

 

【第4位】

  松飛別作ピエル

 

人気ランキングでは必ず上位を獲得の『松飛別作ピエル』

視認性の良いトップがピエル色では人気NO,1ウキ

松山ピエルのコストパフォーマンス商品となっております。

荒天時の使用感、遠投性能に関しては大変おすすめできるウキです。松山ピエルを使用してみたいが、、使えるかな。と考える方はまずこちらを使用してみてはいかがでしょうか。松山シリーズよりも自重がある為、ピエル色を試してみたい方は荒天時でも扱いやすい松飛別作ピエルがおすすめです。という事で人気NO,4も納得です。

  

【第5位】

   松山ピエルM (帯グリーン)

 

こちらもなんと驚きの結果です!いきなりの5位にランクインしたのが『松山ピエルM』このウキは今現在、販売している松田ウキの中で一番小さいサイズになっています。 

※松田ウキ大きさ比較はこちらをクリック!

しかも特に今年人気なのが昨年とは違い「帯グリーン」

「帯グリーン」は曇天時や夕まずめ時により視認性が良くなる特性があります。このサイズが松田稔の基準となるサイズでありグレへの違和感を極力排除し、感度にこだわったウキとなっています。  


さてさて続きまして5位以下を発表します。ご注目!!!

【第6位】

松飛別作

 

ここでやはりお待ちかね松飛別作が登場です。

松山をまだ使用したことのない方にとってはコストパフォーマンスに優れ、構造もほぼ松山シリーズと変わらず、遠投性にも優れている松飛別作が手に取りやすく人気です。自重も松山よりありますので、荒天時の扱いやすさは松飛別作の方がおすすめです。

【第7位】

松山ピエルスペシャル

 

今年もランクイン、松田ウキの中で人気上昇中『松山ピエルスペシャル』です。このウキは浅ダナのスレた尾長グレに特化した尾長専用ウキとして発売。ウキボディをオキアミと同じ色味にし、自重も尾長グレが違和感を感じないギリギリの重量をもたせています。このウキで会長やお弟子さんが尾長グレを釣る場面は何度か見られている方もいると思います、結果を残しているウキですので巨大尾長と勝負する釣り人はこのウキをおすすめします。

【第8位】

 松三郎Ⅱ

 

長年愛用されている松三郎Ⅱはやはり人気継続です。

注文数は昨年とほぼ同じ位ですがランキングにすると2位ランクダウン。

松田ウキで唯一松素材を使用しています桐材よりも自重があり硬いためサイズは小さいですが遠投性に優れています。今は大きめサイズのウキが増えていると思いますがやはり小さくて自重あるウキが一番扱いやすい事を知っている方は松三郎Ⅱしか使わないのも納得です。

   

【第9位】

松山ピエルブルー

 

松山シリーズの中で唯一のオールラウンド型タイプ『松山ピエルブルー』このウキの長所は弊社が掲載している松田ウキ特性グラフにおいてもトータル性能が一番高いウキとなっています。

※松山ピエルブルー特性グラフはこちらをクリック!

内部構造はAランクなので感度はトップクラス。グレに特化せず、より広い対象魚を視野に入れた松山シリーズの中でも特別仕様なウキだと思います。

       

【第10位】

  松山匠 L  (トップ黄)

 

そして今回遂にランクインしたのが松山シリーズ唯一の新形状タイプ『松山匠-Takumi-』このウキの特性は松田ウキ一番の感度重視型モデル。食い渋っている状況でも魚への違和感を極力排除し、シビアなアタリも逃さない長所を持っています。この独特なヘッド構造が釣り人へわずかなアタリも伝えてくれる為初心者から繊細な釣り人まで幅広く愛用されるウキとしてやっと周知されてきたんではないでしょうか


いかがでしたでしょうか。

これはあくまで今現在の松田ウキの人気を数字で表したものです。

松田ウキはその場、その時、その状況によってそれぞれに優れた性能を持たせ作っております。

皆様にそれぞれ合った松田ウキを使用して頂く。それが一番望ましいことです。

何を買ってよいのかさえわからない方に少しでも参考の一部として受け取って頂けたら、有難い限りです。