たくさんの松田ウキ!その中でも今最も使用されているのは!!

≪松田ウキ人気ベスト10≫

今現在、松田ウキは大きく分けると全部で5種類になります。

最も最高峰クラスの松山シリーズから新たに加わった松山ピエルスペシャル、松山ピエルブルー、松山匠。そして松山NEXT。

一番コストパフォーマンスに優れた松五郎シリーズ

唯一素材に松を使用している松三郎Ⅱシリーズ

発売から大人気の松飛・松飛別作シリーズ

そして昨年新たに登場した最重量の松遠シリーズ 

 

そこで今現在、松田ウキで一番人気が高いウキを今年もベスト10にしてお伝え致します!!

まだ使った事が無い方、迷っている方がおられましたら参考のひとつにして頂けたらと思います。


【松田ウキ人気 第1位】

松飛別作スペシャル 

 

今年はやはり発売当初から連続人気No,1の『松飛別作スペシャル』が堂々の1位に舞い戻りました。このウキの特性は「グレとチヌどちらもいける」ベストサイズとして設定されているのですが松山シリーズよりもコストパフォーマンスに優れている為、初めての方でも本当に使い勝手の良いウキとして毎年人気が継続されています。もちろん松山シリーズよりは内部構造は劣る面がありますが、ステルス性能もあり松山シリーズよりも自重があり誰でも使いやすいという特性が一番だったかと思います。すべてのトータルパフォーマンスを考えると人気NO,1納得のウキ。昨年、イエローグリーンヘッドも発売して今年は文句なしの堂々の1位です。

 

【第2位】

松遠-sho-en-

 

昨年発売した新作ウキ『こんな松田ウキが欲しい』を叶えた松田ウキ最大寸・最重量ウキ。松田ウキは感度重視で自重が軽く、もう少し大きなウキが欲しいという方の為に発売されました。松田ウキの平均自重6~8gに対して松遠は10~13gとなっており松田ウキでは遠投が一番しやすいウキです。ただ、松田ウキの感度・馴染みもしっかりと組み込んでいる為、釣り場で暴風時、荒波時には特におすすめのウキです。松田ウキの中で一番遠投可能の安定感がある松遠が今年は2位です。

【第3位】

松飛別作ピエル 

 

松田ウキと言えば「ピエルヘッド」と言われる独特なヘッド配色。全天候性での視認性が衰えないよう計算された配色配分です。しかしかつては松山シリーズでしかこのヘッドカラーを採用していなかった為、松山ピエルを使用してみたいけど手が出せない。と悩む方の為に発売された松山ピエルのコストパフォーマンス商品。サイズ・自重も松山ピエルより大きく荒天時でも扱いやすいところがこのウキの特性。また唯一のコストパフォーマンスに優れた「ピエルヘッド」として試してみる価値のあるウキだと思います。

【第4位】

松三郎Ⅱ

 

今年一番予想外だったのがこのウキ。松田ウキで唯一松素材を使用している「松三郎Ⅱ」がいきなり人気ランキング4位に選ばれました。14年前に発売してから長年愛用されている方が多くウキサイズは小さいが桐材よりも自重があり硬いため遠投性に優れています。またストレートパイプ構造なので松田ウキではお値打ち価格。ただ今年は唯一このウキにしかない号数「0.8」がとてつもなく人気でした。松素材でさらに0.8という号数はサイズも大きいため今の磯釣りの状況下では大変好まれたのではないでしょうか。本当に驚きの松三郎Ⅱが今年は急上昇の4位です。

【第5位】

松飛別作

 

ここでやはりお待ちかねの松飛別作が今年は5位にランクアップ。

松田ウキの中ではコストパフォーマンスに優れ、構造もほぼ松山シリーズと変わらず、遠投性にも優れている為、「松田ウキをまだ使用したことない方にとって手に取って欲しいウキ」として製作されました。もちろん自重もあるので荒天時の扱いやすさ・遠投性能は松山よりもおすすめ。松田ウキの性能を試したい方はまずこちらを試してみるのもおすすめです。


さてさて続きまして5位以下を発表します。ご注目!!!

【第6位】

松山ピエルスぺシャル

 

今年、松山シリーズの中で人気No,1となったのが『松山ピエルスぺシャル』

このウキは浅ダナの喰い渋る尾長グレに特化した尾長専用ウキとして発売。会長やお弟子さん、巨大尾長を釣る方は必ず使う尾長特化ウキ。ウキボディもオキアミと同じ色味にし、自重も尾長グレが違和感を感じないギリギリの重量をもたせています。年々賢くなる尾長グレに対応できるよう6年前に発売しましたが、年々人気が上昇し今年は松山シリーズの中で一番人気のウキとなりました。

【第7位】

松山ピエルブルー(帯グリーン)

 

松山シリーズの中で最もトータル性能が高いオールラウンド型タイプの松山。

松山のLLサイズを除いては一番自重があるウキで「グレに特化せずより広い対象魚を視野に入れた」特別仕様ウキ。また今年は帯グリーンの人気が圧倒的でした。内部構造はもちろんAランクのどんな状況でも使えるウキとして人気が出てきたのではないでしょうか。※松山ピエルブルー特性グラフはこちらをクリック!

【第8位】

 松山NEXT (緑)

 

3年前に発売された次世代型「松山」このウキの特性は新製法『研磨仕上げ』を取り入れています。なるべく馴染みやすさを追求し手作業で仕上げに細かな研磨痕をつけることにより松田ウキの中でダントツの潮馴染みの速さを実現しています。また元祖松山よりもサイズを一回り大きくし扱いやすくしています。今年は特にこのウキで巨大尾長グレを釣る方が多かったのですが、潮馴染みの良さが釣果に現れている今後、更に注目のウキではないでしょうか。

【第9位】

松山ピエルM 

 

このウキは今現在販売している松田ウキの中で一番小さいサイズとなっています。※松田ウキ大きさ比較はこちらをクリック!

グレへの違和感を極力排除し、感度にこだわった最高峰ウキ。

このサイズが松田稔の基準となるベストサイズ『攻めの狙うウキ』として発売されました。今でもいざという時はこのウキの性能と自身のスキルが試されるいわば究極のウキだと思います。

       

【第10位】

  松山匠 L  (トップ黄)

 

そして今年もランクインしたのが松山シリーズ唯一の新形状タイプ『松山匠-Takumi-』このウキの特性は松田ウキ一番の感度重視型モデル。食い渋っている状況でも魚への違和感を極力排除し、シビアなアタリも逃さない長所を持っています。この独特なヘッド構造が釣り人へわずかなアタリも伝えてくれる為初心者から繊細な釣り人まで幅広く愛用されるウキとして着々と使用者が増えてきています。また人気号数は「0、BB-BB」製造側の気持ちとしては一度は試して欲しいウキです。


いかがでしたでしょうか。

これはあくまで今現在の松田ウキの人気を数字で表したものです。

松田ウキはその場、その時、その状況によってそれぞれに優れた性能を持たせ作っております。

皆様にそれぞれ合った松田ウキを使用して頂く。それが一番望ましいことです。

何を買ってよいのかさえわからない方に少しでも参考の一部として受け取って頂けたら、有難い限りです。