たくさんの松田ウキ!その中でも今最も使用されているのは!!

≪松田ウキ人気ベスト10≫

今現在、松田ウキは大きく分けると全部で4種類になります。

最も最高峰クラスの松山・松山ピエルシリーズから新たに加わった松山ピエルスペシャル、松山ピエルブルー、松山匠。そして昨年新たに登場した松山NEXT。

一番コストパフォーマンスに優れた松五郎シリーズ

唯一素材に松を使用している松三郎Ⅱシリーズ

そして発売から着々と人気を上げている松飛・松飛別作シリーズとなっています。

昔から松田ウキを愛用してくださっている方は元祖松田ウキとして知られる

松次郎シリーズもご存知かとは思います。

今現在、松次郎は時代の変化と共に環境、昨今の魚の状況に合わせ

松飛、松三郎シリーズへと形を変えています。

そこで今現在、松田ウキで一番人気が高いウキを今年もベスト10にしてお伝え致します!!

まだ使った事が無い方、迷っている方がおられましたら参考のひとつにして頂けたらと思います。


【松田ウキ人気 第1位】

松飛別作スペシャル

 

5年前に発売して以来、圧倒的な人気で5年連続人気No,1です!

『松飛別作スペシャル』

 松飛別作シリーズの中で一番小さなウキですが

「グレとチヌどっちもいける」ベストサイズ。

「使い勝手の良いウキ」としていまだに人気健在です。

トップは視認性の良い朱色、ボディはステルスブルーカラーで仕上げ魚に違和感を感じさせません。

内蔵パイプ・鉛は松山シリーズには劣るものの、自重は松山よりも重く遠投にも向いています。このサイズ感とコスト面から考えるとやはり納得の1位だと思います。

 

【第2位】

松山NEXT(緑)

 

 こちらは昨年新登場の新作ウキ『松山NEXT』の緑です。

松田ウキ初のボディが緑色になっており、

チヌなどにも対応可能

大きさは松山ピエルスペシャルと同じです。

このウキの一番の長所は新製法「研磨仕上げ」です。

もともとウキは塗装をしない方がより潮に馴染みやすいのですが、その馴染みやすさを最大限近づけたのがこの製法です。手作業で仕上げに細かな研磨痕をつけることにより松田ウキの中で断トツの馴染みの速さを実現しています。

まだ発売したばかりですが是非一度体感して頂きたいです。

【第3位】

松飛別作ピエル

 

そして今年も堂々の3位を獲得したのは

『松飛別作ピエル』です。

松田ウキの中で内蔵鉛が一番重く、ウキの大きさが一番大きい松山ピエルのコストパフォーマンス商品となっております。

荒天時の使用感、遠投性能に関しては大変おすすめできるウキです。松山ピエルを使用してみたいが、、使えるかな。と考える方はまずこちらを使用してみてはいかがでしょうか。

また潮や風の状況によって松山ピエルと松飛別作ピエルを使い分けても良いかもしれません。

【第4位】

  松山NEXT (黒)

 

やはりここでも新製品が登場です。松山NEXTの黒。

ボディは光に反射する事の無い黒色。

構造は最高峰Aランク内部構造ですので感度は一番良く馴染みの速さも松山シリーズではトップです。

ウキ表面の細かな研磨痕が潮をとらえるため、より釣り人に海の状況を伝達してくれます。

研磨前の塗装回数を増やしており、ウキの強度は損なわず、感度はアップ新たな松山を是非一度お試しください。

 

 

  

【第5位】

   松山NEXT (茶)

 

新製品松山NEXTがやはり上位を占めましたね。

こちらは松山NEXTの茶色。

3色同時発売でしたが松田ウキと言えば初代からボディは茶色が主流。今回は元来の松山よりも色味を濃くし暗めに仕上げています。

松山というとやはり少しお高いイメージがあると思いますが今までの松山にさらに性能が追加されたとなれば、近年の釣果を見る限りは一番おすすめしたいウキです。

松山NEXTは水面下の状況を松田ウキの中で一番早く伝えてくれるウキだと思います。

  

   


さてさて続きまして5位以下を発表します。ご注目!!!

【第6位】

松三郎Ⅱ

 

長年愛用されている松三郎Ⅱはやはり人気継続です。

松田ウキで唯一松素材を使用しています

桐材よりも自重があり硬いためサイズは小さいですが遠投性に優れています。

今は大きめサイズのウキが増えていると思いますが

やはり小さくて自重あるウキが一番扱いやすい事を知っている方は

松三郎Ⅱしか使わないのも納得です。

【第7位】

松山ピエルスペシャル

 

松田ウキの中で年々人気急上昇しているのがこの『松山ピエルスペシャル』です。弊社もちょっとビックリです。

このウキは浅ダナのスレた尾長グレに特化した尾長専用ウキとして発売。

ウキボディをオキアミと同じ色味にし、自重も尾長グレが違和感を感じないギリギリの重量をもたせています。

このウキで会長やお弟子さんが尾長グレを釣る場面は何度か見られている方もいると思います、結果を残しているウキですので人気がでてもおかしくないですね。

【第8位】

 松飛別作

 

ここでやはりお待ちかね松飛別作が登場です。

松山をまだ使用したことのない方にとってはコストパフォーマンスに優れ、構造もほぼ松山シリーズと変わらず、遠投性にも優れている松飛別作が手に取りやすく人気ですね。自重も松山よりありますので、荒天時の扱いやすさは松飛別作の方がおすすめです。

ただ繊細な釣りが必要な時は力は劣ります。しかし松山に興味のある方には是非、松飛別作を試して頂きたいです。

   

【第9位】

松山ピエルブルー

 

松山シリーズではまだ新作ですね。『松山ピエルブルー』が9位にランクイン。このウキの長所は「ステルスブルーのつや消し仕上げ」で目立ちにくく、松飛別作スペシャルよりも視認性の良いトップは「ピエル色」内部構造はAランクなので感度はトップクラス。

そして自重は松山ピエルスペシャルと松山ピエルLの間の設計にし、グレに特化せず、より広い対象魚を視野に入れた松山シリーズの中でも特別仕様なウキだと思います。

       

【第10位】

  松山ピエルM (朱)

 

そして今回ベスト10位に返り咲いたのが「松山ピエル」Mサイズ。ずっと人気を落とすこと無く長年愛用されいる松田ウキ代表格ですが、今現在、販売している松田ウキの中で一番小さいサイズになっています。 

※松田ウキ大きさ比較はこちらをクリック!

近年の釣果状況などにも関連しているかもしれません。

このサイズが松田稔の基準となるサイズでありグレへの違和感を極力排除し、感度にこだわったウキとなっています。

小さなウキでの繊細な釣りはこれから先、もしかすると最も必要になるかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか。

これはあくまで今現在の松田ウキの人気を数字で表したものです。

松田ウキはその場、その時、その状況によってそれぞれに優れた性能を持たせ作っております。

皆様にそれぞれ合った松田ウキを使用して頂く。それが一番望ましいことです。

何を買ってよいのかさえわからない方に少しでも参考の一部として受け取って頂けたら、有難い限りです。