· 

これが神様の正体や!【パート2】

昨日からちょっと気分転換という事で会長の無茶苦茶な行動をお伝えしています。

お弟子さんが昔、会長について話したエピソードを2日間に渡り一部紹介しています。

さて本日はパート2です。

昨日も無茶苦茶でしたが今日も無茶苦茶ですよ~(笑)

ちょっとだけ沈んでる気持ちを明るくできたらなと。

それではさっそくいきましょうか!


側近が語る松田稔の「真実」

釣り人としての松田稔を崇拝する人は数知れない。

しかし、彼の真実の姿は知られていない。日頃松田の腕白ぶりに悩まされている2人に、彼の素顔を語ってもらった。

※お弟子さんの名前はアルファベット表記で掲載させてもらう事ご理解ください。

〇負けるのが大嫌い

 

弟子A 「笑っていいとも」に出たことがあるね。タモリのそっくりさんで。そのあと、スナックでそのこと話したらモテてモテて。ほんと、困ったオッサンや。(笑)

弟子Y でも、フジテレビはようしてくれたと言うてたわ。ええホテルに泊めてくれたと。

弟子A 分かりやすい地図書いてくれたんでしょう。(笑)

弟子Y で、決まって「その点、がまかつは、、!」や。(笑)

弟子A 松田さんは方向音痴なくせに車で来るもんやから。何回来てもアカンのですよ。一人でよう来ん。そのうち電話してきて。「あのなぁ、恥を忍んで言うんやけどな」

ほんで、そこ絶対動いたらあきませんといって慌てて迎えに行く。(笑)

弟子Y うちの若いクラブ員が、池野めだかに似てますね言うたら「お前、クビじゃあ!」(笑)

よう、そんなこと言うたもんや。

弟子A 本人はね、矢沢永吉に似とると言うてるんですよ。(笑)

弟子Y 確かに、似たとこはある。

弟子A 飲み屋でトラブル起こしたことも数知れませんよ。スナックで飲んでいたら、鳴門病院の院長先生がゴッツ偉そうにしていたらしいですわ。ほんで、松田さんは電気が本職やから、10の問題出しおうて、解けなかったら相手のいう事を聞かないといけないと。

ところが、院長先生の医学の問題なんか松田さんができるわけがない。当然、院長先生も、松田さんが出す電気の問題が全然解けない。それで、「お前!偉そうに言うとるけど、お前の方が年上やろうが!コラぁ、年上なのにでけへんのか!」

すると院長先生が、お前みたいな奴は初めて見たと気に入ってしもうた。

弟子Y 腹の手術してもらったらしいですよ。その人に。

弟子A やっぱりスナックで飲んでいて、ものすごく腹の立つ奴がおって、知らん顔して相手の頭どついて逃げて帰ったという噂がある。あとがどうなったか聞いたら「そんなん知らんわ」でしたけど、ゴンタの真髄ですね。

弟子Y 怖いものがないからね。なんせ1番やないといかん。2番はアカンのや。負けると分かっていても行く。

弟子A 「お前、ワシの息の根を止め。それができんかったら、お前の家に行って全部燃やしたるからな!」そんなん言われたら、なんぼ体がでかくてもビビるわね(笑)

弟子Y 向こう意気が強いんやな。

弟子A コギャルの餌食になったこともあるね。ミツグ君になってしもうて。本人はそれでもええんやと納得しとったけど。

〇オンナには甘い

 

弟子A 女には大きいけど、男には小さいんよ(笑)

弟子Y 女には10万だろうが20万だろうが気にせんのにな。

弟子A そら当たり前やろうがといいますわ。僕でもそうすると思うし。(笑)

弟子Y 女なら惜しくない言うんやから。どうせ、すぐ別れるのに。

弟子A 本人もすぐ別れると分かっているんやから。あの人は純粋なんよ。いつも、純粋に付き合おうとする。とにかく、女には甘い。

弟子Y 純粋なんていうもんやない。飲み屋は別として、初対面の女の人には直立不動ですよ。これっぽちも冗談言わん。あんな不思議なことないね。

弟子A クソまじめで。2、3回面識ができてやっと少しは冗談が出る。

弟子Y 小学生が女の先生と対面しとる、そんな感じですよ。ハイッ、ハイッと。それが、ワシらにはコラぁっ!と一変する。180度人間が変わる。

弟子A 頭の回転が早い人でしょう。だから。おとなしいのは合わない。ポンと鳴ったらすぐカーンと答えるほど反応が早い人やないと。

弟子Y 口では絶対負けるもんな、こう言うたらああいう。「そうやろうがぁ、のう」

弟子A そう言われたら、絶対違うとは言われへん。(笑)

〇松山はまさに貴重品

 

弟子Y 名釣会の会員がもう1000人ぐらいになってますね。

弟子A あの人は長生きしますわ(笑)でも、普通は会長さんを知ってから入るもんやのに、最近は松田さんがどんな人か全然知らないのに、名釣会に入っている人がいる。

東北なんかに行ったら、ときどき松山見せてくれと言われますよ。あの人のウキは、名釣会のメンバーにとってはシンボルですから。

弟子Y ここぞというときに使う。

弟子A どうでもいいときは他のウキ使う。だから大会の時も松山使いました。テレビカメラの前で、勝因はと聞かれたとき、勝ったのはこのウキのおかげですとしゃべった。カットされてましたけど。

弟子Y 今はそうでもないけど、昔はとにかく手に入らんかった。今でも松山はよう使わん。

弟子A 僕は8つ持ってるけど、なかなかくれない。あの人はケチですよ!

弟子Y そういうところはキチっとしている。モニターやから、がまかつの竿も何本も持っている。でも、絶対に他人にはやらん。あの人がバラ撒いたら、もろた人は確実に買わんのやから。結果的には、それが営業妨害になる。どんなに親しい人でも、ね。

ところが、ワシには松山をくれたこともある。

弟子A ええなぁ、僕はヒラやから、ただの人や。「お前はゴミじゃ!」(笑)

弟子Y あのウキはやっぱりよう入るんですよ。ウキの入り方見たらわかる。他のは全体が丸いせいか、入るときは、極端にいうたら螺旋(らせん)を描く。極端に食い渋ったときはそれが抵抗になる。トップの形とか、中に入っとるオモリの関係なんやろうけど。そういうイメージがワシにはあるんですわ。だから、他のウキを使う気にならん。

弟子A そんなええウキをなんで大会の時使わんかったん?

弟子Y 使えんよ。もったいのうて。松田ウキの安いウキしか。

弟子A それで僕に負けたんやね。(笑)

弟子Y 釣紀行さんが【ウキの本】を出した時、九州の人が10,000円で売ってくれと言うたらしいですね。

弟子A あの人が東北行ったとき、風呂に入ったら無茶苦茶熱かった。それで、「これに入ったら松山やるわ」言うたら何人も入って。体中真っ赤にして。「わかったわかった、もうやるから出てこい」と。(笑)そんなこともあったらしい。ウキがようけなくなったと言ってましたから。

弟子Y うちの若い奴でも、姫路の家島で松田さんがウキ飛ばした時、飛び込んで取ってきた奴がいる。それで感心して3つぐらいやりよった。

弟子A ああいうのに弱いんやね。松田さんは。

弟子Y これも東北の人やけど、自分とこの家が重要文化財になっとるのに、松田さんが来る言うんで便所をやり変えてしもうたらしいよ。重文に指定されとったら、勝手に変えられんはずやけどな。

弟子A あの人がグラビアに登場するたびに、上から下まで同じウエアをそろえる人もいる。

弟子Y 身近にいる人間はすごさが分からん。かえって、地方の人のほうがよう知っとるわな。神様扱いや。

弟子A それにゴンタのところも知らんからね。

弟子Y 釣りの天才と同時にゴンタの天才でもあるわな。

弟子A でも、あんだけ楽しい人に出会ったのは初めてですよ。

弟子Y 「釣りはなぁ、楽しまなアカン。楽しくやるもんや」が口癖ですけど、その通りだと思います。

※ゴンタ、、、わがままや強情っぱりな人物を指す関西地方周辺の一部で使われる方言であり、主に駄々をこねる子供に対して使われる。いたずらっ子や腕白小僧などを指す方言になったと考えられる。


いかがでしたでしょうか。いや~無茶苦茶ですね(笑)

 

今の時代は情報化社会です。簡単に情報が入る反面、その情報だけを鵜呑みにしてしまい、自分でちゃんと考えずに判断する人が多くなっているような気がします。

でも、やっぱり人間同士は互いに向き合って良し悪しを自分で見て考えて行動ができれば、もっと尊い人間関係が築けるのではないかな。と。人の為に行動できるはずだと。

今、世の中が大変な状況の中、会長が今、感じる想いを今回はこういう形で伝えさせて頂きました。

 

この2日間で気分転換になるどころか、世の中にドン引きされていたらどうしよう、、。


ー松田稔のグレ釣りバイブル・釣ってなんぼや! 1997年出版より引用ー

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    アーサー (日曜日, 05 4月 2020 13:34)

    何事も面倒くさがらず、その時その時、全力でぶつかりあえば、結果はどうあれ後悔する事はないでしょうね最近の若い子たちは、なんかあっさりしてて、さめてる感じがするから、このブログよんでほしいですね

  • #2

    有限会社エムアンドエム (月曜日, 06 4月 2020 10:46)

    アーサー様 

    コメントありがとうございます。
    たくさんの方に、会長の今感じる思いが伝わって頂けたらと思います。
    また、ブログを通じて気分転換していただけたらと思います。